Story 物語

Story

株式会社H&Y SALANG CEO 松浦 有夏

Yuka Matsuura 松浦 有夏

愛知県出身

株式会社H&Y SALANG 及び 保険女子プロジェクト代表。
幼少期をイギリスにて過ごす。バイリンガル。
慶應義塾大学卒。元 議員秘書。

生命のこと そして 女性の生き方のこと

生命のこと そして 女性の生き方のこと

幼少期をイギリスで過ごした私は、テロで友人を亡くしたことで、幼いながらも命の重みを知り、「生命」というテーマについて考えるようになりました。そしてそれは、自分が大好きだったパートナーとの間にできた子どもを失ってしまったことで、さらに強まっていくこととなりました。

逃げるように飛び込んだ 夜の世界

逃げるように飛び込んだ 夜の世界

嫌でも子どもや妊婦の方が目に入ってしまう昼間には家から出ることもできず、仕事が続けられなくなった私は、夜の世界へと逃げました。「このままではいけない」と思いながらも、どうすることもできない日々が続きました。

スペイン サンティアゴ巡礼道へ

スペイン サンティアゴ巡礼道へ

その後、自分の目の前にある全てから逃げるように、私はスペインのサンティアゴ巡礼道へ向かいました。精神的に追い詰められていた私は、死ぬ前にどうしてもその道を歩きたいと思っていたのです。中世の時代から多くの人が訪れる、カトリック教徒の聖地へと続く道。無神教の私は藁をもすがる気持ちで最後に救いを求めました。

もう一度 動き始めた 私の人生

もう一度 動き始めた 私の人生

結果的に、贖罪のつもりで歩き始めたその道に、私は救われることになります。 たくさんの出会いが、辛く悲しかったことや、思い悩む全てのことにも意味があると教えてくれ、巡礼で得た経験はもちろんのこと、本意ではなかった水商売の経験までもが全て自分の糧と捉えられるようになったのです。

同じ痛みを抱えた女性たちの役に立てたら

同じ痛みを抱えた女性たちの役に立てたら

心も身体もボロボロだった日々の中で考え続けた「生命」のこと。そして「女性の生き方」のこと。 それが、同じ悩みや痛みを抱えた女性にとって、少しでも人生を照らす光となることを願ってやみません。私が歩いた500マイルが、「自立したい女性が自立できる社会」へと繋がっていますように。その想いがこのプロジェクトの原点です。

Follow us 最新情報をチェック